東日本大震災復興10年記念フォーラム「東日本の復興の道のり、そしてアジアの災害復興の今」

開催日/Date

2021年3月7日(日)

時間/Time

第一部 午前10時~12時 第二部 午後1時~4時

会場/Venue

オンライン

その他/Other

趣旨

東日本大震災復興10年に際し、この間連携を続けた神戸大学と岩手大学の研究陣を中心に、またアジア太平洋地域の災害復興研究の研究協力者を招聘し、災害復興の目標と評価、また未来へ向けたテーマについて論じます。一般の参加歓迎、無料。

参加対象

一般公開(参加無料)

言語

日本語及び英語

主催

岩手大学地域防災研究センター
神戸大学社会システムイノベーションセンター

参加登録

※事前登録制です。
詳しくはこちらの申し込みフォームから必要事項をご入力のうえ、ご登録ください。
追って、招待URLをご連絡いたします。

  • プログラム:

挨拶: 神戸大学社会システムイノベーションセンター センター長 榎本正博 

    岩手大学地域防災研究センター センター長 越谷 信 

 

【第一部: 東日本大震災復興10年の今―復興の目的と検証】
司会: 神戸大学都市安全研究センター教授 北後明彦 

報告1: 岩手大学地域防災研究センター教授 麦倉 哲 
     「東日本大震災復興十年、安全は達成されたのか?」

報告2: 神戸大学社会システムイノベーションセンター副センター長・教授 金子由芳 
     「暮らしの復興―被災地生活復興アンケート調査より」

報告3: 岩手大学地域防災研究センター教授 南 正昭 
     「岩手における東日本大震災からの復興への道のり」

報告4: 兵庫県立大学減災復興政策研究科特任教授 本荘雄一 
     「地域経済―被災地生活復興アンケート調査より」

質疑応答

 

【第二部: 海外の災害復興―スマトラ津波・四川大地震・クライストチャーチ地震・台風ヨランダ】
司会: アジア防災センター主任研究員 塩見有美 

基調報告: 神戸大学名誉教授 豊田利久  
      「Build Back Betterは達成されたか」

報告1: 岩手大学地域防災研究センター副センター長・教授 松岡勝実 
             「岩手における東日本大震災の復興評価―これからの課題」

報告2: インドネシア・アチェ州オンブズマン Taqwaddin Husein
      インドネシア・シャクアラ学農学部講師 Teuku Alvisyahrin
              「2004年アチェ津波復興15年―復興評価の手法と結果」

報告3: 中国・四川大学教授 王 建平
             「2008年四川大地震―復興評価の手法と結果」

報告4: ニュージーランド・カンタベリー大学教授 Rosemary Du Plessis
             「2011年クライストチャーチ地震10年―復興評価の手法と結果」

報告5: フィリピン大学ディリマン校教授 Evinezer Florano
             「フィリピン2013台風ヨランダ―復興評価の手法と結果」

 

【パネルディスカッション】
司会: 神戸大学社会システムイノベーションセンター副センター長・教授 金子由芳 

パネラー: 岩手大学地域防災研究センター長・教授 松岡勝実 
                 インドネシア・アチェ州オンブズマン Taqwaddin Husein
                 シャクアラ学農学部講師 Teuku Alvisyahrin 
                 中国・四川大学教授 王 建平 
                 ニュージーランド・カンタベリー大学教授 Rosemary Du Plessis
                 フィリピン大学ディリマン校教授 Evinezer Florano 

質疑応答

(修正版)20210216_チラシ_和のサムネイル

 

  • プレイベント: 2020年3月6日(土)10:00-17:00神戸大学・岩手大学院生有志企画イベント

(修正版)学生の部チラシ0215のサムネイル

 

イベントの年別アーカイブ