日本・世界の農業に関する研究と環境保全のための研究

部門長

 衣笠 智子                                                  

所属

神戸大学

学域 経済学域
職名 教授
学位 ハワイ大学 博士 (経済学)                    

研究内容

 本部門では、日本や世界の環境や農業の問題について、社会科学の知識を基礎に学際的な研究を行い、政策提言や社会実装を行うことを目指している。特に、今年度は、(1)SDGsに適応するサステナビリティ経営に関する国際比較研究、(2)ポストコロナの農業イノベーションに関する研究、(3)テレワークに着目したポストコロナ時代の生活意識調査に重点を置いている。
 (1)では、SDGs時代に適応した社会・環境と企業の持続可能性を同時に解決するための新しいサステナビリティ経営体系を開発し、その可能性について政策提言を行うことを目指している。この研究目的のために、サステナビリティ経営の軸となるサステナビリティマネジメント(内部での取り組み)とサステナビリティ報告(外部への取り組み)を軸にしてサステナビリティ経営の現状を明らかにすると同時に、企業のSDGsの捉え方との関係からサステナビリティ経営の社会・環境や経済への効果を解明し、政策提言を行う。
 (2)では、ポストコロナ時代において、ITを利用した農業スマート化や6次産業化を行うようなイノベーションが必要であると考えている。そこで、農業者はどのような状況で、イノベーションを選択するのかを解明することを目指している。農業者のアンケートを分析を行い、異なる地域でどのように結果が異なるかを比較検討する予定である。また、計量分析結果等のエビデンスに基づき、ポストコロナの農業イノベーションについて、政策提言をすることを目指している。
 (3)では、環境や資源の効率的な利用とも大きく関係していると考えられる、ポストコロナ時代の生活を研究している。流行期において変化した社会活動が終息期以降もどのような影響を持つかということに着目している。流行期において盛んに行われたオンライン・テレワーク化は、技術的には実行可能だが、今回の流行がきっかけとなってはじめて実行されたものも多くあり、その影響の偏在性、テレワーク弱者、所得格差、シングルマザー等の家族構成の違いにも着目して分析を行う。

農業・環境・資源システムイノベーション研究部門イメージ画像

農業・環境・資源システムイノベーション研究部門イメージ画像

2022年度プロジェクト一覧

都市化・工業化に伴う社会システムの革新に関する研究

持続可能な社会システムに関する研究

農業システムイノベーションに関する研究