社会制度やグローバル化に関する多面的な研究

部門長

山本 顯治

所属 神戸大学
学域 法学域
職名 教授
学位 京都大学 修士(法学)

山本 顯治

研究内容

社会制度とイノベーション、グローバル化と社会制度、そして企業・行政のガバナンスといった現代社会において大きな関心を呼んでいる課題を取り上げ、それをマクロ・ミクロの両面から学際的・文理融合的な研究を行なっている。
 本部門においては、(1)社会制度とイノベーションの研究、(2)グローバル化と社会制度の研究、(3)企業と行政のガバナンスの研究、(4)学際的研究教育の実践と手法の研究という4つの領域に分かれ研究を進め、各種提言・社会実装を行うことを目指している。現在進行中のプロジェクトは以下の通りである。
(1)では、イノベーションのための法制度・法政策設計のグランドデザイン構築、企業資料の再検討による経済史・経営史の融合的研究、高度情報通信ネットワーク社会における知的財産法制の役割、物理学実践の解明を通じたイノベーション・マネジメントの探求が実施されている。
(2)では、多文化共生社会の流動化とその政策制度設計に関する研究拠点形成、新型コロナウイルス危機後の社会システムに関する研究、極域国際法政策の立案・実施・レビュー・再計画に必要とされる科学的知見と政策・法との連関に関する研究、国家の国際的コミットメントの国内履行に関する実証研究が行われている。
(3)では、政府組織(官公庁および独立行政法人等の公的非営利組織等)の経営におけるニューパブリック・ガバナンスの取り組みについての研究、部局の別法人化による部局の活性化研究、アセアン後発国ガバナンス制度研究、Challenges of Japanese Cross-border Acquisitions 研究、日本の人事労務管理におけるTheory-Practice Gap研究に取り組んでいる。
(4)では、「法経連携専門教育(ELS; Econo-Legal Studies)」の方法論的な展開に関する研究、法経連携研究教育に関する国際提携の促進に関する研究を進めている。